女性ホルモンをサポートしてくれる

女性

大豆の成分といえばたんぱく質やイソフラボン、レシチンなどをイメージする人が多いでしょう。日本では大昔から大豆が食されており、納豆や豆腐、きな粉などの加工品が出回っています。大豆成分のなかでも特に有名なのはイソフラボンで、女性ホルモンに近い作用があるとして注目されています。しかしイソフラボンに関しては速やかに吸収される人、吸収されにくい人がいることがわかってきたのです。エクオールが注目される理由は、イソフラボンの吸収性が低い人にも女性ホルモン様の働きを期待できることです。年齢とともに女性ホルモンの分泌が減少すると、更年期障害の症状が目立つようになります。また肥満や脂質異常症、老化促進などの原因にもなるので、積極的にエクオールを摂取しましょう。肩こりや首のこりに悩んでいる女性は、冷え性が関係している可能性があります。冷えは血行不良によって引き起こされますが、それを促進しているのが女性ホルモンであるエストロゲンの分泌不良です。更年期障害は女性であれば誰にでも見られる症状ですが、エストロゲンの分泌量によって重症度が変わります。エクオールを摂取する習慣を身につければ、将来的に更年期障害に由来する肩こりや首のこりを軽減できる可能性があります。

体内で分泌されない人はぜひ摂取を

女性

体内でエクオールが分泌される女性は半数程度であり、残りの人達は作られない現実があります。エクオールはサプリメントとして販売されていますが、体内で十分に分泌されている人は絶対に必要というわけではありません。サプリメントでの摂取が推奨されるのは体内で作られない人であり、こうした人が摂取すれば更年期障害に伴う諸症状を軽減できるわけです。サプリメントを利用する前には、自身がエクオールを作られる体質かどうか調べる必要があるので、検査キットを活用しましょう。尿検査だけで調べられることが多く、それにより自分自身の体質を把握できます。体内で作られないと判明した人は、サプリメントで補給すれば問題ないです。では体内で作られる人に関しては無意味かといえば、必ずしもそうではありません。大豆食品が嫌いでほとんど食べないという女性は、エクオールを生成できる体質であっても作られないと考えてください。基本となる栄養素を摂取することが大前提で、それにより作られるわけです。日本食では大豆を使用した食品がポピュラーで、納豆は嫌いという人でも豆腐や豆乳などで大豆成分を補給できます。こうした人であればエクオールを無理に摂取しなくても大丈夫ですが、大豆が大嫌いという人はサプリメントを活用したいです。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3

正方形バナー2 正方形バナー3

広告募集中